京都精華大学日本画コース公式ブログ
日々のコース情報を配信します。
1年生の合評風景
1回生制作風景 | 2018.12.07 Friday | posted by seika-nihonga |

【1年生制作風景】

 

日本画のメチエの授業で、一年生の作品の合評が行われました。

慣れない日本画材での制作において、合評は一番緊張する瞬間ではないでしょうか。

 

作品をイーゼルに並べ、一人一人の絵を順番にみていきます。

亀の描き方に、それぞれの個性が自然と出ていますね!

1年生達は緊張しながらも自分の絵についての思いを伝えていました。

先生方は一つ一つを様々な方向からご指導して下さります。

他の人の作品について話を聞くのも、自分自身の勉強になります。

良い絵を目指して、時には失敗するまでやりきってみる事も大切ですね。

それぞれが抱える課題が、より明確に見えてきた合評でした。

 

次は拾った落ち葉を描く課題です。

落ち葉と言っても、様々な種類、色や形があります。

どのような表現の作品が出来るのか楽しみですね!

 

JUGEMテーマ:学問・学校

ふれる、さわる、なでる。
展覧会情報 | 2018.12.07 Friday | posted by seika-nihonga |

 

【展覧会情報】

日本画コース大学院1年生ニグチカナコさんが個展を開催されます。

皆さん是非ご高覧ください。

 

ふれる、さわる、なでる。

会期:2018年12月14日(金)〜12月24日(月)

会場:あさひ松本病院

   ※土曜午後、日曜日は休診

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

 

柴垣美恵展
展覧会情報 | 2018.12.07 Friday | posted by seika-nihonga |

 

【展覧会情報】

日本画コース卒業生の柴垣美恵さんが個展を開催されます。

皆さん是非ご高覧ください。

 

柴垣美恵展

会期:2018年11月27日(火)〜12月9日(日)

時間:12:00〜18:00(月曜日休廊)

会場:ギャラリーモーニング

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

 

 

ー心音 KOKORONE 展ー
展覧会情報 | 2018.12.07 Friday | posted by seika-nihonga |

 

【展覧会情報】

日本画コース卒業生の諏訪温子さんが出展されます。

皆さん是非ご高覧ください。

 

出品者

柏村文路さん、諏訪温子さん、藤原郁子さん

 

ー心音 KOKORONE 展ー

会期:2019年2月9日(土)〜3月10日(日)

休館日:月曜日・祝休日(会期中は2月11.18.25、3月4日)

時間:10:00〜16:00(入館無料)

会場:尼信会館 1階展示室

 

JUGEMテーマ:学問・学校

土佐の紙に書く 晴々会 日本画 新作展2018
展覧会情報 | 2018.11.27 Tuesday | posted by seika-nihonga |

【展覧会情報】

日本画コース非常勤講師の長谷川雅也先生が出展されます。

是非ご高覧ください。 

 

「土佐の紙に書く 晴々会 日本画 新作展2018」

会期:11月28日(水)〜12月4日(火)

会場:あべのハルカス近鉄本店 タワー階11階美術画廊

時間:10時〜20時 ※最終日は17時閉場

 

JUGEMテーマ:学問・学校

精華三人展
展覧会情報 | 2018.11.27 Tuesday | posted by seika-nihonga |

【展覧会情報】

日本画3年生の三浦侑介さん、𠮷田松之助さん、高橋翔平さん

がグループ展を開催されます。

是非ご高覧ください。

 

 

「精華三人展」

会期:2018年12月6日(木)〜12月11日(火)

時間:12時〜19時

会場:ANTIOUE belle GALLRY

 

http://antiquebelle.com/gallery/2018/seika3.html

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

合評前日の1年生教室
日常風景 | 2018.11.23 Friday | posted by seika-nihonga |

1年生の部屋を覗くと、何やら少し緊張感が漂っています…!

合評の前日のようですね。

みんな黙々と集中して制作に取り組んでいます。

1年生の課題としては、

今回が初めての日本画の岩絵の具を用いた作品制作となっています。

下地には水干絵具と呼ばれる泥絵具を使って彩色します。

使い慣れない素材に戸惑いつつも、

美しい岩絵具の発色に心が躍っている様子です…

 

課題のモチーフは日本画お馴染みの亀の万年さんです!!

万年も自分がどんな風に描かれるのかワクワクしているようです。

いつも以上にキラリと光る眼差しでみんなを見つめていました。

 

時間の余裕によって苦悩も生まれ、

反対に時間が足りないと焦る学生もでてきます。

 

1年生担当の先生方にご指導していただき、熱心に耳を傾け

作品をみつめる学生の姿が見受けられました。

近くからばかりではなく、一度席を離れて作品を何度も遠くから

みてみる事も大切ですね。

 

動く生き物をどう描くか…生命力や存在感…難しい課題です。

さて合評はどうなるのでしょうか…

次回は合評の様子をお伝えします!

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

toh ten日本画
展覧会情報 | 2018.11.23 Friday | posted by seika-nihonga |

 

 

【展覧会情報】

日本画コース卒業生と田口涼一さん(芸術学部非常勤講師)が

グループ展を開催されます。

是非、みなさんご高覧ください。

 

出品者

青野圭花さん、岩井晴香さん

佐野浩二さん、多賀竜一さん

田口涼一さん、宮本聡さん

 

「toh ten日本画」

会期:2018年11月20日〜11月25日

会場:Gallery Sano

時間:12:00〜19:00(最終日17時まで)

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:学問・学校

 

一年生基礎ゼミで団体鑑賞に行って来ました
日常風景 | 2018.11.22 Thursday | posted by seika-nihonga |

一年生の基礎ゼミには、団体鑑賞の授業があります。

引率は雲丹亀先生と諏訪先生です。

 

まず始めに鑑賞したのは、

日本画の団体公募展、第45回「創画展」(京都展)です。

こちらは二年生も誘って行きました。

会場は岡崎公園内にある、みやこめっせ日図デザイン博物館でした。

創画展では、本コースの先生方の作品や、雲丹亀先生の作品が展示されています。

数多くの日本画の大作に魅了され、授業の時間が終わっても、熱心に作品を観ている学生もいました。

 

一年生基礎ゼミAでは

国立近代美術館で開催されている「藤田嗣治展」を観ました。

美術館の入口には、写真を撮れるコーナーがありました。

 

藤田嗣治さんは、作品に美しい乳白色を用いている事が有名です。

その描き方の技法や、白の発色には、日本画の材料の胡粉と秘密の関係があるのです。

詳しくは国立近代美術館まで、ぜひ足をお運び下さい。

 

団体鑑賞では数多くの素晴らしい作品に出会えます。

どんな作品を観る事が出来るのか次の授業も楽しみですね!

 

JUGEMテーマ:学問・学校

3年生の合評風景
3回生制作風景 | 2018.11.20 Tuesday | posted by seika-nihonga |

昨日は三回生の合評でした

今回は自由課題ということもあり

一人一人の作風が色濃く

とても楽しく見応えのある合評となりました

課題により作品や自分の芸術に対するコンセプトが

必要となり今までの合評よりも更に

言葉で伝えるということがポイントとなりました

自由課題になり表現の自由が広がり

反対に日本画で表現する意味も同時に問われ

必死に自分達の色や個性を探求したことによって

風景画ひとつにしても個々の着眼点がみえ

個性が光っていましたね

それぞれが何を表現したいのか何が得意なのか

芸術に向き合う時間が増えたことによって

ようやく見えてきた気がします。

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

→ back to top