京都精華大学日本画コース公式ブログ
日々のコース情報を配信します。
「絵画の筑波賞」展 優秀賞 おめでとうございます!
展覧会情報 | 2020.06.02 Tuesday | posted by seika-nihonga |

【展覧会情報】

 

 

日本画コース非常勤講師の諏訪智美先生が「絵画の筑波賞」展で優秀賞を受賞されました。

おめでとうございます!

 

会期: 2020年6月10日(水)〜6月16日(火)

会場 : 西武池袋本店6階(中央B7)=アートギャラリー

時間 : (月〜土)10:00〜21:00→現在、営業時間の短縮で20:00までに変更されています。

(日)10:00〜20:00

※最終日は16:00まで

 

https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/topics/page/1449679.html

 

皆さん是非ご高覧ください。

 

JUGEMテーマ:学問・学校

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

最近の写生や制作の様子
「今何描いてる?」企画 | 2020.05.30 Saturday | posted by seika-nihonga |

【今何描いてる?】

今回は岡部隆志先生の最近の写生や制作の様子をご紹介します。

「街の写生」

「街の写生」

「裏彩色の実験」

 

裏彩色は日本画の技法の一つです。

絹本着彩や紙本着彩があり、裏側から彩色を施すことにより様々な表現が出来ます。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:学問・学校

 

小下図やスケッチ
「今何描いてる?」企画 | 2020.05.28 Thursday | posted by seika-nihonga |

【今何描いてる?】

今回は大学院一年生の森元千香子さんの制作の様子をご紹介します。

1枚目と2枚目は人物画の小下図です。

構図や色の配置による形の見え方を研究するため、このような小下図を幾つも作っているそうです。

3枚目は庭に咲いている薔薇のスケッチです。

花をスケッチすることによって人物画の構図が浮かんでくることがあるので、花のスケッチも欠かせないそうです。

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

 

制作の様子
「今何描いてる?」企画 | 2020.05.25 Monday | posted by seika-nihonga |

【今何描いてる?】

日本画コース4年生の玉岡莉子さんは自分の部屋を描いている途中だそうです。

完成が楽しみですね!

 

 

続いて大学院一年生の高橋翔平さん。

最近は家での制作になるので、小さいパネルに小作品や大作の試作を中心に制作しているそうです。

 

続いて大学院博士後期課程の波賀野文子さん。

今までに描いた写生をもとに、小作品を自宅で制作しているそうです。

皆さん充実した時間を過ごされていますね。

 


日本画コースinstagram☟
https://www.instagram.com/nihonga.kyotoseika/?hl=ja

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

「恋せよキモノ乙女」
卒業生の活躍・展覧会情報 | 2020.05.23 Saturday | posted by seika-nihonga |


【卒業生の活躍】

「恋せよキモノ乙女」の作者、漫画家の山崎零さん(日本画コース卒業生)についてのお知らせです。

東京国立博物館の特別展『きものKIMONO』とコラボした「恋せよキモノ乙女」フルカラー冊子が、2020年05月号「芸術新潮」の特別付録として発行されました!👘

皆さんぜひご覧ください。

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

スケッチ、『野辺の道』『水路のある街』
「今何描いてる?」企画 | 2020.05.18 Monday | posted by seika-nihonga |

【今何描いてる?】

鵜飼先生のスケッチ『野辺の道』です。

静かで柔らかなスケッチから、先生の作風が伺えるような気がします。

 

 

続いて、『水路のある街』

1枚目は地塗りをしたもの、2枚目は線描を加えたものです。

趣のある情景が伝わってきます。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:学問・学校

 

揉み紙の実験
「今何描いてる?」企画 | 2020.05.12 Tuesday | posted by seika-nihonga |

【今何描いてる?】

今日は水田先生による揉み紙の実験です。
不思議な雰囲気、透明感が美しいですね。



揉み紙は日本画の伝統技法の一つです。湿らせた和紙に好きな色を塗って乾かしてから手でシワシワに揉むと独特な表情を作り出すことができます。
色の重ね方やシワの入れ方によっても表情が変わり、墨や胡粉、箔、ドーサなどを使った様々な方法があります。

また当て布をしてアイロンをかけ、パネルに水張りをすると綺麗に伸ばして貼ることができ、和紙の表情を活かした制作におすすめです。
この上に何を描くのか考えるだけでワクワクしますね!️
ぜひ色々と試してみましょう。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

今、何を描いていますか?という企画をします。
日常風景 | 2020.05.08 Friday | posted by seika-nihonga |

5月に入りましたね。

窓から見えていた桜も花が散り、葉が青々としています。

さて、今日から「今何描いてる?」というテーマで先生や学生が取り組んでいることや見つめているものを投稿していきたいと思います。

 

今はオンライン授業で先生も学生も離れたところにいますが、皆さんモチーフを見つめたり、絵を描いたり、制作に励んでいます。

一人で絵を描いていると寂しいなと感じたり、皆がいる教室が懐かしくなることもあります。

そこで皆さんが今何を描いているのか日本画コースで共有できたらと思い立ちました。

皆、何を描いているのかな?と思ったら是非このアカウントを覗いていただけたらと思います。

新しい発見に出会えるかもしれません。

 

今日は雲丹亀先生のアトリエに咲いている花です。

とてもきれいですね。

このお写真をいただいて遠出できないからこそ身近にある植物の美しさをもう一度見つめなおすことができる機会かもしれないと感じました。

皆さんの周りにはどんな花が咲いていますか?

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

2020年度 前期授業が始まりました
日常風景 | 2020.04.28 Tuesday | posted by seika-nihonga |

【制作風景】

少し遅くなりましたが、新入生の皆さんご入学おめでとうございます‼︎
 

新型コロナウィルスの影響で、先週から遠隔授業が始まっています。
大変な事態が続いておりますが、皆でなんとか乗り越えていければと思います。


お会いできる日を楽しみに…✨頑張りましょう。

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

第46回京都春季創画展2020はコロナウイルスの影響で中止になりました。
展覧会情報 | 2020.04.02 Thursday | posted by seika-nihonga |

【展覧会情報】

 

※「第46回 京都春季創画展2020」は

懇親会及びギャラリートークはコロナウイルスの影響で中止になりました。

(3月16日追記)

展覧会自体も自粛要請により急遽中止と決定いたしました。

(4月2日追記)

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第46回 京都春季創画展2020

 

在学生の波賀野文子さん(博士)が入選しました。

卒業生も多数入選されました。

みなさんおめでとうございます。

 

出品者

[教員]

小西通博先生(専任)

雲丹亀利彦先生(専任)

岡部隆志先生(非常勤講師)

成瀬今日子先生(非常勤講師)

水田陽子先生(非常勤講師)

平田祐子先生(asst.)

田口涼一先生(芸術学部非常勤務講師)

岩井晴香先生(デザイン学部非常勤講師)

 

[在学生]

波賀野文子さん(博士)

 

[卒業生]

新井美三子さん、大藤理香さん、大村美玲さん、

落合浩子さん、上砂一平さん、黒住拓さん、

辛鳳羽さん(初入選)、諏訪温子さん、高野郁子さん、

田中翔子さん、難波洋子さん、西川紘子さん、

前川翔子さん、増田貴司さん、宮本聡さん、

森紗貴さん、山崎ゆう子さん

 

 

 

https://www.sogakai.or.jp/index.html

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

 

→ back to top