京都精華大学日本画コース公式ブログ
日々のコース情報を配信します。
3年生人物課題の合評
3回生制作風景 | 2020.02.09 Sunday | posted by seika-nihonga |

【3年生制作風景】

先日行われた3年生の合評風景です。 

小下図や草稿が上手くいっても完成に近づくに連れて、絵が固くなったり、面白さがなくなってしまったり…

行ったり来たりを繰り返す終わりの見えない作業ですが、一人一人がコンセプトをしっかり持って取り組んでいました。

未完成の面白さに逃げず壁にぶつかるくらい描き込む癖をつけると言う先生の言葉に身が引き締まる思いでした。

長いようで短い学生生活、自分の抱える課題に一つずつ向き合い、少しでも良い作品作りが出来るように取り組んでいきましょう。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:学問・学校

 

3年生 自由課題の合評
3回生制作風景 | 2019.12.14 Saturday | posted by seika-nihonga |

【3年生制作風景】

先日、3年生の合評がありました。

自由課題と言う事で、それぞれが自由にテーマを持って取り組み、これまでにした事のない表現や、複雑なテーマに挑む学生も多くいました。

形あるものだけでなく、目に見えないものを描く日本画の奥深さ、表現する事の難しさを実感する合評でした。

悩んで手が止まってしまう事もありますが、失敗から学ぶ事も大切です。

一人一人がしっかりとコンセプトを伝え、じっくりと先生方に作品をみていただく事が出来ました。

皆さん本当にお疲れ様でした!

 

 

日本画Facebookhttps://ja-jp.facebook.com/seikanihonga/

instagramhttps://www.instagram.com/nihonga.kyotoseika/?hl=ja

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

 

夏のはじまり
3回生制作風景 | 2019.07.10 Wednesday | posted by seika-nihonga |

蒸し暑さが目立ち、蝉も鳴き始めもうすぐ夏本番ですね。

 

今日は日本画展に向けて二回生と三回生の合同説明会がありました。

 

展覧会まで一ヶ月を切り、制作や準備に向けて熱が入ってきています。

初めての展覧会で二回生は分からない事もあるかもしれませんが、三回生がリードしつつ頑張っています。

二学年で協力し、素敵な展覧会に仕上げていけるといいですね!

 

三回生は風景課題で作品サイズも大きくなり使用する絵の具の量も格段に増え、膠の調節なども研究中です。

慣れない風景描写で難航していますが、着実に実力を付けていっています。


 

日本画展に向けて鋭意制作中です!

 

 

三年生風景課題の合評
3回生制作風景 | 2019.06.18 Tuesday | posted by seika-nihonga |

【三年生制作風景】

 

先日、三年生の風景課題の合評が行われました。

三年生では一、二年生の時よりも大きな作品のサイズに挑戦します。

 

今迄とは違う大きな画面、初めての風景課題にみんな苦戦したのではないでしょうか。

少しでも自分のイメージに近づけるため、右往左往しながら描き上げた作品が並びます。

描きためてきたスケッチや小下図、草稿なども見せながら、

一人ずつ作品のコンセプトを発表します。

先生方からは様々な批評をしていただきました。

合評では、自分とは違う視点の他の人の話を聞く事も、とても勉強になります。

 

作品を通して、まだまだ伝えたいことがあったと思います。

次はどうしたいか色々と見えてきたり、また悩んだりの繰り返しですね。

 

じっくりと作品に向き合う時間を大切に、表現する力を磨いていきましょう!

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

美しき3回生、いざ4回生に参らん
3回生制作風景 | 2019.01.15 Tuesday | posted by seika-nihonga |

いよいよ展覧会も近づいてきて、制作も大詰めとなってきています。

実習室も展覧会会場にする為の準備が着々と進み、実感がわいてきましたね。

制作に没頭していたこの数ヶ月から一転、

今は気を引き締めて完成させるための制作をしています。

 

 

自由課題というとても広い枠組みの中で、

作品や制作と向き合う機会が増え、苦しくても悩み続けても、自分の表現したい物や、

自分の理想とするものへと、皆この一年確実に歩んできました。

 

 

作品を見ればそのときの良い思い出も苦しかった思い出もアルバムを見ているかのように蘇り、

成長したかは現在では実感がわきませんが、数年後にはきっと必ず私たちの糧になるのではないかと思っています。

 

それほど濃密なこの一年、作品の善し悪しに関わらず、

私たちなりの良さが詰まった、今しか出来ない展覧会を

皆様にお見せできるかと思います。

 

 

私たちの制作に対する気持ちや、先生方の意見等も聞けると思い、公開合評を行います。

 

2回生は22日13時30分から、

3回生は23日13時30分からです。

皆様よければお越し下さい。

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

2018年は終わるが、制作はこれからも続く
3回生制作風景 | 2018.12.26 Wednesday | posted by seika-nihonga |

聖夜のベルは鳴り終わりましたね。除夜の鐘は目前です。

 

ただいま3回生は絶賛制作中です。

クリスマスを忘れる程に制作に没頭しています。

作品を通して自分と見つめ合う機会ができ、

方向性が決まりつつありますね。

 

さて、1月22日〜28日に2・3回生日本画学内展があります。

ただの課題とは違い、展覧会に出すとなると気合いが入りますね。

 

皆様に朗報です!今回の展覧会のDMが出来上がりました。

2回生が主体で、動物をモチーフにし

箔押しなどさまざまなこだわりが詰まっております。

皆様の元に届くのが楽しみです。

待っていてくださいね!

 

良い展覧会が出来ますように。良いお年を。

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

3年生の合評風景
3回生制作風景 | 2018.11.20 Tuesday | posted by seika-nihonga |

昨日は三回生の合評でした

今回は自由課題ということもあり

一人一人の作風が色濃く

とても楽しく見応えのある合評となりました

課題により作品や自分の芸術に対するコンセプトが

必要となり今までの合評よりも更に

言葉で伝えるということがポイントとなりました

自由課題になり表現の自由が広がり

反対に日本画で表現する意味も同時に問われ

必死に自分達の色や個性を探求したことによって

風景画ひとつにしても個々の着眼点がみえ

個性が光っていましたね

それぞれが何を表現したいのか何が得意なのか

芸術に向き合う時間が増えたことによって

ようやく見えてきた気がします。

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

3年生 人物課題
3回生制作風景 | 2017.07.21 Friday | posted by seika-nihonga |

授業風景】

3年生の教室では、人物課題の制作が進められています。

4か月間デッサンしてきた人体を自分の表現として、

再消化し本紙にそれぞれの思いを描いていきます。

普段見慣れた人体ですが作品の対象物としてとらえていくのは、

なかなかみんな苦労しているようですね。

骨格や筋肉の認識など、意識しないと気づけない構造を

じっくり向き合っていってもらいたいですね。

試行錯誤を繰り返して頑張ってください!!

 

JUGEMテーマ:学問・学校

見据える先に
3回生制作風景 | 2017.01.31 Tuesday | posted by seika-nihonga |


1月24日〜29日まで開催しておりました、

『京都精華大学日本画三回生 - あやとり展 - 』

沢山の方にご来場いただき

無事終了する事が出来ました。
ご来場いただきました皆様、

ご協力いただきました

一晴画廊様、gallery tomo様

誠に有難うございました。

この場をお借りし

心より御礼申し上げます。

 

gallery tomo‐1
gallery tomo ‐ 展示風景1
gallery tomo ‐展示風景 2
gallery tomo ‐ 展示風景3

 

"学外で展覧会"を作り上げていくという

内容で行われるこの授業。
2年時に行われる学内展で展示の基礎を学び、

3年時に学外のスペースで

発展して展示を行います。
一から学生が主体となり企画していきます。

展覧会企画、作品制作、広報、

限られた時間の中で

同時進行しこなさなければならない状況。

 

一人で出来る限界、

大人数だからこそなし得るもの、

同時に生まれる多様性との共存の難しさ

など普段では見えない壁に

突き当たったことでしょう。

 

一晴画廊 ‐ 展示風景1
一晴画廊 ‐ 展示風景2

前年度に経験しているからこそこなせる点、

前年度には見えなかった着目点、

こなしたからこそこだわり、

追求し問題点を発見し立ち向かった点、

ここまで作り上げた学生達には

様々な苦労があったと思います。

一晴画廊 ‐ 展示風景3
一晴画廊 ‐ 展示風景4

しかし、作り上げた事実が

展覧会という形となった事は

かけがえのない糧となって

みんなの中に残るでしょう。

 

来年度はいよいよ卒業制作展に

向かって動き出すことになりますが、

来月から始まる4年生の先輩方の展示を見つめ

来年の自分の姿を見据えてみてください。

 

学外展本当にお疲れ様でした。

 

JUGEMテーマ:学問・学校

画材に埋もれながら…
3回生制作風景 | 2016.12.21 Wednesday | posted by seika-nihonga |

 

12月に入り寒さも厳しくなってきましたね。

現在三回生は1月24日から29日の間に

丸太町で開催される学外展の制作をしています。

 

 

 

皆カメラに気づかないくらい集中しています。

 

 

学外展に出品する作品は今までの制作よりも小さくなるので

密度の高い作品を集中して制作できますね。

 

学外展は町屋画廊の「一晴画廊」さんとホワイトキューブの「ギャラリー知」さんの

二つの会場で開催されます。

 

 

大学生活三年間の想いと技術の詰まった学外展、

皆様是非御高覧下さい。

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

→ back to top