京都精華大学日本画コース公式ブログ
日々のコース情報を配信します。
<< 大学院グループ展 「 COCO 」 | top | 大学院 研究科展 >>
見据える先に
3回生制作風景 | 2017.01.31 Tuesday | posted by seika-nihonga |


1月24日〜29日まで開催しておりました、

『京都精華大学日本画三回生 - あやとり展 - 』

沢山の方にご来場いただき

無事終了する事が出来ました。
ご来場いただきました皆様、

ご協力いただきました

一晴画廊様、gallery tomo様

誠に有難うございました。

この場をお借りし

心より御礼申し上げます。

 

gallery tomo‐1
gallery tomo ‐ 展示風景1
gallery tomo ‐展示風景 2
gallery tomo ‐ 展示風景3

 

"学外で展覧会"を作り上げていくという

内容で行われるこの授業。
2年時に行われる学内展で展示の基礎を学び、

3年時に学外のスペースで

発展して展示を行います。
一から学生が主体となり企画していきます。

展覧会企画、作品制作、広報、

限られた時間の中で

同時進行しこなさなければならない状況。

 

一人で出来る限界、

大人数だからこそなし得るもの、

同時に生まれる多様性との共存の難しさ

など普段では見えない壁に

突き当たったことでしょう。

 

一晴画廊 ‐ 展示風景1
一晴画廊 ‐ 展示風景2

前年度に経験しているからこそこなせる点、

前年度には見えなかった着目点、

こなしたからこそこだわり、

追求し問題点を発見し立ち向かった点、

ここまで作り上げた学生達には

様々な苦労があったと思います。

一晴画廊 ‐ 展示風景3
一晴画廊 ‐ 展示風景4

しかし、作り上げた事実が

展覧会という形となった事は

かけがえのない糧となって

みんなの中に残るでしょう。

 

来年度はいよいよ卒業制作展に

向かって動き出すことになりますが、

来月から始まる4年生の先輩方の展示を見つめ

来年の自分の姿を見据えてみてください。

 

学外展本当にお疲れ様でした。

 

JUGEMテーマ:学問・学校

スポンサーサイト
| - | 2017.03.10 Friday | posted by スポンサードリンク |
→ back to top