京都精華大学日本画コース公式ブログ
日々のコース情報を配信します。
<< 今、何を描いていますか?という企画をします。 | top | スケッチ、『野辺の道』『水路のある街』 >>
揉み紙の実験
「今何描いてる?」企画 | 2020.05.12 Tuesday | posted by seika-nihonga |

【今何描いてる?】

今日は水田先生による揉み紙の実験です。
不思議な雰囲気、透明感が美しいですね。



揉み紙は日本画の伝統技法の一つです。湿らせた和紙に好きな色を塗って乾かしてから手でシワシワに揉むと独特な表情を作り出すことができます。
色の重ね方やシワの入れ方によっても表情が変わり、墨や胡粉、箔、ドーサなどを使った様々な方法があります。

また当て布をしてアイロンをかけ、パネルに水張りをすると綺麗に伸ばして貼ることができ、和紙の表情を活かした制作におすすめです。
この上に何を描くのか考えるだけでワクワクしますね!️
ぜひ色々と試してみましょう。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

スポンサーサイト
| - | 2020.06.05 Friday | posted by スポンサードリンク |
→ back to top